大学編入学入試
情報システム技術コース編入学規則

情報システム工学科-情報システム技術コース編入学規則

情報システム工学科では、高度な情報化技術を有し、目的とするシステムの設計・構築・解析・制御に関する幅広い知識を身につけ、地球的視野で社会における技術者の責任を考えながら活躍することのできる技術者の育成を目指し、学習教育目標を設定しています。情報システム技術コースへの編入学者の選抜にあたっては、卒業までにこの学習教育目標を社会が要求する水準で達成できるかどうかを判断します。

 

編入学試験科目

編入学試験においては、情報システム技術コース3年次生に要求される数学、専門の基礎知識と応用能力、プレゼンテーション能力、創造力を評価するために、以下の試験が課されます。

A. 数学(解析・線形代数) 試験時間60分:100点
B. 英語(一般英語) 試験時間60分:辞書持込可100点
C. 専門 試験時間90分:150点
以下の分野から数題ずつ出題
C-1 電気・電子回路
C-2 計算機工学
C-3 情報処理学
D. 課題発表 発表10分+質疑応答5分:50点
卒業研究の内容について
これらを400点満点で総合的に評価します。

 

 

編入学年次

編入学の年次、および編入学可能なコースは、振替認定単位数の確認及び編入学試験の結果に基づき決定します。

 

単位振替方法について

情報システム技術コースへの編入学の場合の単位振替については、入学前に在学していた大学等で履修した各科目の学習達成目標(もしくは講義内容)と本学科で該当する各科目の学習達成目標とを照らし合わせ、その成績を審査してどのくらい達成しているかを評価し、決定します。

資料請求

FIT力 磨け!自分”力”インタビュー