学生メッセージFIT Dream Magazine

ゲームコンペで最優秀賞を受賞!

川辺兼嗣さん

情報工学科 就職課外活動

西日本新聞とのWeb連動企画、「教えて!みんなの『FIT力』」第2回

「ゲームをつくりたい!」編入学で叶えた夢

「自分がつくったゲームを通して、世界中の人が仲良くなれれば」と川辺さん(情報工学科4年 鹿児島県加治木工業高校出身)。夢が現実に近づいたことで、また新しい目標が生まれました。

福工大はやる気のある人を応援する環境が整った大学。ゲームづくりに必要な最新の機器も揃っています。

大好きなゲームづくりをより楽しめる環境へ

――福工大短大を志望した理由は?

川辺: 工業高校だったので就職志望の友人が多かったのですが、高校生の頃から「将来はゲームに関する仕事がしたい」という思いがあり、もっとプログラムの勉強をするために進学を選びました。
ただ、4年間も大学に通ってみんなより社会に出るのが遅れたくなかったので短大に決めたんです。
その頃は早く就職したいと思っていたので。

――その後、どうして編入を決めたのですか?

川辺: 短大でお世話になった先生に、「本当にゲームをつくりたいのなら、今の勉強では全然足りないよ」と背中を押していただいたのがきっかけです。
その先生が紹介してくれたイベントに参加し、社会人とチームになってゲームづくりを行ったのですが、そこで自分が勉強不足であることを痛感しました。
短大のプロジェクト学習で「デジタルゲーム」を選択していたので、ゲームの勉強はしていたのですが、編入後、大学では技術者として必要な知識をより深く学ぶことができ満足しています。

――編入して良かったと思いますか?

川辺: 大学は短大と違い自由になる時間が多いので、ゲームに関する学外イベントに積極的に参加するなど、充実の学生生活を送ることができました。
イベントでいろいろな価値観や能力を持った人たちに出会えたことで、自分自身も成長できたと思います。

ずっと憧れていたゲームづくりの会社に内定

――ゲーム学会のゲームコンペで賞を受賞したとか。

川辺: そうなんです。3年生のときにチームで作品をつくって投稿し、最優秀賞をいただきました。
プロアマ問わず全国から作品を集めて行うコンペなので大きな自信になりましたし、就活での良いアピール材料にもなったと思います。
実際、面接で話すとかなり興味を持っていただきました。

――就職も大手のIT関連企業に内定!おめでとうございます。

川辺: パソコンやスマートフォンで楽しめるゲームをつくっている会社から内定をいただくことができたので、「ゲームに関する仕事がしたい」という夢がより現実的なものになりました。
短大・大学で学んだゲームづくりやプログラムの知識を活かすことができるのがうれしいですね。
50~60社にエントリーしましたが、第1志望の企業から内定をいただくことができました。

――内定の勝因は何だと思いますか?

川辺: 4年間の学生生活でゲームづくりに没頭し、たくさんのものを形にしてきた実績が評価されたのだと思います。
また、福工大ならではの就職サポートも就活が順調に進んだ理由のひとつです。就職課で履歴書を添削してもらったり、交通費を支援してもらったり、本当に役立ちました。
今はとにかく入社するのが楽しみで仕方ありません。早くたくさんの方に楽しんでもらえるゲームがつくりたいですね。

ゲーム学会のゲームコンペで最優秀賞を受賞した際の作品。

実際のゲーム画面

 

 

※学生の学年、教員の職位表記はすべて取材時のものです。

※無断での転載、転用、複製、二次使用、画像等への直接リンクは堅くお断りします。

※学生の学年、教員の職位表記はすべて取材時のものです。
※無断での転載、転用、複製、二次使用、画像等への直接リンクは堅くお断りします。

学生メッセージ

在校生メッセージ

卒業生メッセージ

FIT力 磨け!自分”力”

GirlsStudio

資料請求