学生メッセージFIT Dream Magazine

たくさんの経験を、自分の力にしていきたい

花山泰明さん

社会環境学科 課外活動

西日本新聞とのWeb連動企画、「教えて!みんなの『FIT力』」第4回

たくさんの経験を、自分の力にしていきたい

準硬式野球部ではキャプテンだけでなく県の連盟の幹事長も務め、現在は学生コーチとして活躍する花山さん。他の大学生とは違う経験が、就職活動の際のアピールポイントになったと言います。(福岡県 嘉穂高校出身)

新しくできた塩浜グラウンドは、ナイター設備も完備。恵まれた環境の中、夜も練習に打ち込むことができます。

“よくばりな性格”を満足させてくれる大学

――花山さんが福岡工業大学に入学した理由は何ですか?

花山: 高校時代は文系だったので、工業大学は正直考えていなかったんです。でも、福工大に文系の学科もあると知って見学に行ったのがきっかけになりました。
文 理選択はしていたものの「大学でこれを勉強したい!」という具体的な絞りこみまではしておらず、とにかくいろいろなことを学んでみたいと考えていたので、 環境問題を経済・経営、法・政策、人間生活というさまざまな視点から横断的に学べる社会環境学科に強く惹かれたんです。

――入学後は勉強だけでなく部活動にも励まれていますね。

花山: 野球がしたかったのですが、よくばりな性格で大学に入ったらいろいろなことを経験してみたい!と思っていたので、勉強と部活の両立がしっかりできてアルバイトもできる準硬式野球部を選びました。
アルバイトができるといっても週に4~5日は練習に出なければいけませんし、本格的な部活ですよ。
春秋のリーグ戦、全国大会もあります!!

――部活を通して学んだことはありますか?

花山: 選手時代はキャプテンをしていましたが、引退してからは学生コーチとして後輩の指導やチームの管理をしています。
部員たちをどう育てていくかも僕の仕事なので、責任感やリーダーシップ、コミュニケーション能力や人を見る力が身につきました。
焼肉屋のアルバイトでもホールリーダーをしているので、そこでも人をまとめる力を養えたと思います。

志望先の企業を研究し、内定を見事ゲット!

――学科の学びを通して身についたことはありますか?

花山: 環境問題について3つの分野から学んできたので、ひとつの事象について、さまざまな観点から物事を見ることの重要性や、人によっていろいろな考え方があることに気づき、視野が広がりました。
また4年間必修のゼミを通してプレゼン力やコミュニケーション能力も身についたと思います。
さらに、ゼミでは志望先である九電工の企業研究をすることができたので、就職活動に直接役立てることができました。
経営関連のゼミだったのですが、興味のあることを自由に研究することができたんです。

――その結果、九電工さんから内定をいただいたそうですね。

花山: はい。学内で開催されている合同企業セミナーを利用してたくさんの企業から話を伺ったのですが、最終的には九電工一本で就職活動を行ったので、とてもうれしいですね。
理系学科ではないので技術は何も持っていないのですが、とにかく人と接する仕事がしたいので希望はもちろん営業職です。
学科で学んだことだけでなく、部活での経験もアピールすることができたので、それが内定につながったと思います。

――福工大での4年間はどうでしたか?

花山: とても充実した4年間でした。福工大じゃなかったらここまで楽しい学生生活を送れていなかったと思うので、本当に入学して良かったです!
少しでも興味のある大学があれば、オープンキャンパスに参加して実際に体験したり先生に話を聞いたりすることが大切だと思います。
高校生のみなさんにも、ぜひ積極的に動いてほしいですね。
そして大学に入学したら、勉強はもちろん、それ以外のことにもどんどんチャレンジしてもらいたいと思います。

ゼミの自由研究では内定先である九電工について発表。学生の興味の対象によって、さまざまな分野の研究ができるのも社会環境学科ならでは。

※教えて!みんなのFIT力:花山さんの話を紹介(動画配信中。画面をクリックしてください)

 

※学生の学年、教員の職位表記はすべて取材時のものです。

※無断での転載、転用、複製、二次使用、画像等への直接リンクは堅くお断りします。

※学生の学年、教員の職位表記はすべて取材時のものです。
※無断での転載、転用、複製、二次使用、画像等への直接リンクは堅くお断りします。

学生メッセージ

在校生メッセージ

卒業生メッセージ

FIT力 磨け!自分”力”

GirlsStudio

資料請求