教職課程
履修の流れ

時期 内容
1年次 前期   ・1年次に開講される教職課程に関する授業科目の履修
後期 2月 ・「教師論」履修
・1年次40単位以上取得
・教職課程ガイダンス
2年次 前期 4月 ・「教職課程履修登録簿」提出
・教職課程ガイダンス
後期

2月

・介護等体験説明会(中学校免許取得希望者対象)
・教育実習内諾手続き説明会
3年次 前期 4月
6月〜
7月〜9月
・教職課程ガイダンス
・介護等体験
・教育実習校へ内諾依頼
後期 2月 ・教職課程ガイダンス
4年次 前期 4月
6月〜
・教職課程ガイダンス
・教育実習
後期 10月
3月
・教員免許状一括申請に関する説明会
・卒業式当日、教員免許状交付

教職課程の履修登録

  • 「教師論」(1年次後期)は、1年次後期の履修登録期間までに履修登録してください。
  • 1年次2月に「教師論」の単位取得者を対象にした教職課程ガイダンスを行います。ガイダンスで配布される「教職課程履修登録簿」に教職課程履修料30,000円の証紙を添付の上、指定された期日までに教務課に提出してください。
  • 教職課程の科目の履修登録は、年次毎に履修登録期間に行ってください。

教育実習

  • 2年次2月に教育実習内諾手続き説明会を行います。
  • 4年次6月頃に、中学校免許取得希望者は3週間、高校免許取得希望者は2週間の教育実習が実施されます。教育実習校は主に出身校になります。
  • 教育実習に参加するには、3年次までに次の科目の単位を全て取得していなければなりません。
     
    教育原理 2単位
    教育心理学 2単位
    教育行政学 2単位
    日本国憲法 2単位
    各教科教育法 2単位
  • 教育実習費用(12,000円~20,000円、自治体や期間で異なる)が必要です。

介護等体験

  • 中学校免許取得希望者は、社会福祉施設で5日間、特別支援学校で2日間、計7日間の介護等の体験が必要です。
  • 2年次2月に介護等体験説明会を行います。
  • 介護等体験費用(7,500円)および介護等体験保険料(420円)が必要です。

公立学校教員採用候補者選考試験

毎年、各地で公立学校教員採用候補者選考試験が実施されます。教員免許取得見込み者は同採用試験の受験をお勧めします。詳しくは、各都道府県の教育庁( 教育委員会事務局) に問い合わせてください。

資料請求

資格取得