アドミッション・ポリシー(入学受入の基本方針)
情報通信工学科

養成すべき人物像

今日の情報通信関連技術は、あらゆる産業分野における基幹技術としての影響力を持つようになり、社会生活の中に深く関係しています。このように情報通信工学の裾野が限りなく広がり、技術的な可能性が満ち溢れる世界で、独創性を発揮し、多様化する先端技術を開拓できる技術者及び情報通信関連分野の研究能力を有する人材の養成を目的とします。

求める人物像

情報通信工学科は高度情報化社会の基盤であるインターネットに必要不可欠な情報通信・情報ネットワークに強い興味を持ち、情報通信工学分野の知識・技術を修得し、有線・無線通信技術者や情報・ネットワーク分野の資格取得を目指す学生を求めます。このため、理数系科目の基礎学力を身につけ、本学科の教育方針(カリキュラムポリシー・ディプロマポリシー)を理解し、多様な人々と協働して主体的かつ継続的に学修できる学生を歓迎します。

入学者選抜での観点

修学の観点から高等学校等における基礎的・基本的な知識及び技能を習得しており、主体的に学習に取り組む意欲を持っていること。また、様々な課題を解決するために必要な思考力、判断力、表現力その他の能力を醸成しつつ多様な人々の中で個性を発揮し、協働的に活動できることについて、高校または本人から提出された書類や入学試験(筆記試験や面接)で総合的に評価します。

資料請求

資格取得