国際交流-留学生向け
長期留学生受入の取り組み

合同教育プログラム

平成22年にタイのキングモンクット工科大学に「福工大日本語センター」を設立しました。日本語センターで集中的に日本語教育を実施し、現地入試を行い、合格した学生を本学の学部生もしくは大学院生として受け入る制度です。このプログラムにおいて本学に入学した留学生には、毎日日本語の補習が行われ、学生ボランティアによるチューター制度、国際交流サポーター制度など、日本で充実した留学生活が送れるように様々なサポートが行われています。

南京理工大学とのダブルディグリープログラム

中国の姉妹校である南京理工大学との間では、大学院の合同プログラムを平成20年度から開始しております。本プログラムでは、南京理工大学大学院に在籍する学生を選抜して本学大学院に受け入れ、本学にて約2年間履修、及び修士論文作成を行います。本学にて所定の要件を満たした場合には修士学位が授与されるとともに、南京理工大学においても所定の手続きを経て修士学位が授与されるというダブルディグリー制度です。

ダブルディグリー制度第1期生の卒研発表会にて
第3期生の入国日第2期生の先輩が空港で歓迎

資料請求

資格取得